くろひょうのwebデザインのお勉強帳

フェリカテクニカルアカデミー web制作科の受講生です。授業の要点、復習でつまづいた点などを記録し、レベルアップに励みます。

クリエイターになるための、お勉強の記録帳

[Photoshop]画像解像度・写真合成(3月11日)

解像度とレイヤーマスク - Webデザインの勉強 風姿花伝 | 2月20日開講クラス

練習課題(1) - Webデザインの勉強 風姿花伝 | 2月20日開講クラス


解像度について

1インチあたりのピクセル数
Macは72 dot/inch (dot per inch, dpi)
Winは96 dot/inch
紙データは72dpiが原寸(100%表示される)

 

ーAdobeHPより
”解像度はビットマップ画像の細かさで、1 インチあたりのピクセル数(ppi)で示されます。1 インチあたりのピクセル数が増加すると、解像度は高くなります。”

・よく聞く「解像度」ってなに?|いまさら聞けない!? 印刷・DTPの基礎知識|OKIデータ

・画像解像度と画像サイズの関係|いまさら聞けない!? 印刷・DTPの基礎知識|OKIデータ

 

練習

画像解像度を変更することでサイズを変更する
ショートカットキー Ctrl + Shift + I

①幅・高さに数字を入れる
②「画像の再サンプル」
  Webの場合 → チェックを入れる
    ※DTPの場合 → チェックを入れない

③画像の再サンプル ニアレストネイバー法 or バイキュービック法を選ぶ

④サイズに合わせてデータ量(ファイルサイズ)が変わる

 

レスポンシブデザインは、PCでもスマホでも同じ画像を読み込む。
画像はPC用に作ってある
  →デメリット:スマホ・特にガラケーにはデータが重い。表示が遅い
         CSSが複雑でメンテナンスが難しい   

アップルはスマホ用・PC(とタブレット)用にそれぞれサイトを分けた。
  →データが軽い。CSSが別なので、分業できメンテナンス性が良い

 

画像ファイルの種類

  • GIF・・・  256色 エイリアス(ボコボコに見える)
  • JPG・・・圧縮する時にデータを間引きしている。圧縮を繰り返すと写真がぼろぼろになる
  • PNG ・・・ ベクターとbitmapの特色を兼ね備えている。データは重いが、エッジがはっきり見える(→ロゴ向き)

   PNG-8(8bit):256色
   PNG-24(24bit):フルカラー

スマートオブジェクトに変換する

普通は画像拡大で崩れるが、スマートオブジェクトは拡大・縮小でも崩れにくい(崩れない、とは言い切れない)
元データ(裏側にある)と「インスタンス」(表面に見えるもの)ができる。
元データに変更を加えると、インスタンスも全く同じ変更が加わる

参考:スマートオブジェクト入門~直しに強いPhotoshopデータを作ろう~ 第1回:劣化知らずの「スマートオブジェクト」 | Adobe Pinch In

方法

右サイドバーのレイヤー上で右クリック >スマートオブジェクトに変更

それから拡大・縮小などを行う

元に戻すには

①上メニューのレイヤー >スマートオブジェクト >ラスタライズ
  または
②サイドバー上のレイヤーで再度右クリック > レイヤーをラスタライズ

※「ラスタライズ」とは=「ビットマップ化すること」

 

特殊ペースト

f:id:pleasure10501:20150311215318p:plain

        ↓ ↓ ↓

f:id:pleasure10501:20150311215320p:plain

①ゴーグルの枠内を自由選択ツールで選択範囲にする
②電話のボックスを長方形ツールで選択し、コピーする(Ctrl + C)
③ゴーグルの画像にカーソルを移動し、
  編集> ペースト>選択範囲内へペースト。
④自由選択ツール(Ctrl + T)で大きさを調整。決まったらエンターキーで確定

 

 色域指定

Photoshop ヘルプ | 画像内のカラーの範囲の選択

 

 

 

 

 

広告を非表示にする