くろひょうのwebデザインのお勉強帳

フェリカテクニカルアカデミー web制作科の受講生です。授業の要点、復習でつまづいた点などを記録し、レベルアップに励みます。

クリエイターになるための、お勉強の記録帳

[Illustrator]複合パス、クリッピングマスク

複合パス

  • 複合パスは、複数のパスを1つのパスにするものである
  • パスが重なっている部分は透明に抜ける。
  • オブジェクトを複合パスに変換すると、最背面のオブジェクトのスタイルが全てに適用される。

 

<作成方法> 複数のオブジェクトを選択> オブジェクト> 複合パス>作成

 

①背面が黄色の線のみ(中は色なし)の長方形の場合

f:id:pleasure10501:20150429154023p:plain    ▶ f:id:pleasure10501:20150429154027p:plain

②背面がピンクの角丸長方形の場合

f:id:pleasure10501:20150429154058p:plain  ▶  f:id:pleasure10501:20150429154101p:plain

3つの図形の複合パス

f:id:pleasure10501:20150429154944p:plain

③BとCを複合パスにした場合

f:id:pleasure10501:20150429155024p:plain

④ AとCを複合パスにした場合

f:id:pleasure10501:20150429155056p:plain

参考:複合パスの作成方法 (Illustrator CC)

 

クリッピングマスク

複数のオブジェクトを選択し、クリッピングマスクをかけると、背面のオブジェクトが前面のオブジェクトの形の透明なマスクがかかったようになる。
(前面オブジェクトの中が透明になり、背面のオブジェクトが透けて見える)

 

① 背面に画像、その上に文字をのせる

f:id:pleasure10501:20150429160433p:plain

② 二つのオブジェクトを選択してクリッピングマスクを作成

  オブジェクト > クリッピンマスク > 作成

 

f:id:pleasure10501:20150429160610p:plain

 

前面オブジェクトでくり抜かれたように見えても、あくまで「マスク」をかけているだけです。文字レイヤーを非表示にすると海の画像がそのままになっています。

f:id:pleasure10501:20150429161240p:plain

f:id:pleasure10501:20150429161400p:plain

 

 

広告を非表示にする