くろひょうのwebデザインのお勉強帳

フェリカテクニカルアカデミー web制作科の受講生です。授業の要点、復習でつまづいた点などを記録し、レベルアップに励みます。

クリエイターになるための、お勉強の記録帳

[Javascript]関数

== 関数の定義 ==========

 function 関数名(){
   処理;
 }

===================

== 関数の呼び出し ========

  関数名();

===================

  • 関数はfunction文を使って定義する
  • 定義した関数を実行するときは関数名を記述する
  • 定義、呼び出し ともに関数名の後ろに()をつける

 

 

【例題1】

function sayHello( ) {  // sayHello関数を定義
  console.log ( 'こんにちは' ) ;     
}
sayHello () ;  // 関数の呼び出し

 

** ポイント**
関数の呼び出しは関数の定義の前でも後でもOK
関数は呼び出すことによって実行される =呼び出しがなければ実行されない

 

== 引数のある関数の定義 =============

 function 関数名(引数を入れる変数名)
   処理;
 } 

===========================

 

引数(ひきすう)とは?
  • 関数に引き渡される数値や文字のこと
  • 文字列の場合はシングルクォーテーションで囲む
  • 複数指定できる その場合カンマ(,)で区切る
  • 「引数をいれる変数名」は、変数宣言宣をしなくてもOK

== 関数の呼び出し ========

  関数名(引数として渡す値);

===================

 

【例題2】

 <script>
function sayHello ( name ) {
  alert ('こんにちは' + name + 'さん');
}
sayHello ( '由美子' );
</script>

   <表示結果>

f:id:pleasure10501:20150401165804p:plain

 

== 戻り値のある関数の公式===========

  function 関数名(){
    処理;
    return 戻り値;
  }

=========================

 

 

【例題3】

<script>
function calc( ) { // calc( ) を呼び出し
  var num = 0; // num=0を宣言
  for ( var i = 1; i<= 10; i++ ) { 
       // iの初期値=1、iは10まで処理を繰り返す、iは1ずつ増加
  num += i;  // num= num+i
  }
return num;     //  繰り返し終了後、関数calc()にnumの結果を返す
}
var result = calc( ); // calc( )の値をresultに代入
console.log ( result ); // resultの値をコンソールに表示
</script>

  表示結果

f:id:pleasure10501:20150401172134p:plain

 

処理の順番に並べ替えてみました
1)  var num = 0; // num=0を宣言
2)  for ( var i = 1; i<= 10; i++ ) { 
   num += i;
  計算が終わるまで繰り返し、numの結果が「55」と出る
3)return num; によってcalc( )の内容に返される
4)var result = calc( );
5)console.log ( result );

f:id:pleasure10501:20150401171807p:plain

 

【例題4】円の面積を求める

 

<script>
function calcCircle (radius) {    // 実行5 ※calcCircleの引数「10」
  return radius * radius *3.14;  // 実行6 ※radius*radius*3.14の結果をcalsCircle()に返す
}
function callFunc() {    // 実行2
  var area = calcCircle( 10 );  //  実行3 ※半径10を「area」と定義
  return area;       // 実行4 ※areaの値をcallFunc()に返す
}
console.log ( callFunc() );     // 実行1 最終的な表示
</script>

 

<表示結果>

f:id:pleasure10501:20150401174632p:plain

 

広告を非表示にする