くろひょうのwebデザインのお勉強帳

フェリカテクニカルアカデミー web制作科の受講生です。授業の要点、復習でつまづいた点などを記録し、レベルアップに励みます。

クリエイターになるための、お勉強の記録帳

[JavaScript]自作課題

自作課題2

f:id:pleasure10501:20150401184642p:plain

 入力後

f:id:pleasure10501:20150401184737p:plain

 

* ポイント

  • function関数とpromptを使って入力ウインドウを立ち上げる
  • 入力した数字に消費税8%を掛け、引数として返す
  • 小数点以下を toFixed(0) で切り捨て
  • 別ウィンドウで金額を表示

 

< ソース> その1(シンプルバージョン)

<body>
<p>税込み価格を計算して表示します<br>
下のボタンを押すと、金額を入力する別ウィンドウが表示されます</p>
<button onclick="zei()">金額を入力する</button>

<script>
function zei() {
  var n = prompt('金額を入力してください', '半角数字で入力');
  zei = n * 1.08 ;
}
alert ('税込み金額は' + zei.toFixed(0) + '円です。');
</script>
</body>

 

< ソース> その2(returnを使う)

<script>
function zei(func_zei) {
  zei = func_zei * 1.08 ;
  zei.toFixed(0);
  return zei;
}
function input_prompt(){
  var zei_nuki =prompt();
  //zei_komi =zei(zei_nuki);
  alert(zei(zei_nuki));
}
</script>

自作課題3 if文とfunction関数を使用

入力された数字によって税率が変わります。

①5000円の場合f:id:pleasure10501:20150401190232p:plain

②50000円の場合

f:id:pleasure10501:20150401190317p:plain

* ポイント

  • function関数の中にif〜else文を入れています
    数字が10000未満の場合は8%、10000以上の場合は10%で計算
  • それ以外は自作課題2と同じです

<ソース>

    <h3>自作課題3</h3>
<p>税込み価格を計算して表示します<br>
下のボタンを押すと、金額を入力する別ウィンドウが表示されます</p>
<button onclick="zei()">金額を入力する</button>

<script>
function zei() {
  var n = prompt('金額を入力してください', '半角数字で入力');

  if (n < 10000) {
  zei = n * 1.08 ;
  } else {
  zei = n * 1.1 ;
  }
}
alert ('税込み金額は' + zei.toFixed(0) + '円です。');

広告を非表示にする