くろひょうのwebデザインのお勉強帳

フェリカテクニカルアカデミー web制作科の受講生です。授業の要点、復習でつまづいた点などを記録し、レベルアップに励みます。

クリエイターになるための、お勉強の記録帳

[JavaScript]連想配列

連想配列とは
「数値の変わりに意味のある文字列をインデックスとする」
「インデックスのことを『キー』と呼ぶ」

図書館の蔵書検索で使われているような機能

== 式 ==========

var 連想配列名 = {
 キー1:値,
 キー2:値,
 キー3:値
};

===============

  • {キー1:値,キー2:値,キー3:値}と続けてもよいが、改行したほうが見やすい
  • カールブラケット{}で囲む。その後ろにセミコロンで閉じる
  • キー、値ともに、数値・全角文字も使える。文字の場合はシングルクォーテーションで囲む

【例文】

<script>
var animal = {
 dog : '犬',
 cat : ' 猫',
 horse : '馬'
 rabbit :'うさぎ'
} ;
</script>

連想配列の要素を参照するには

===============

  連想配列名.キー名
     または
  連想配列名[’キー名’]

===============

 

 

広告を非表示にする